2016年12月05日

「はやぶさ2」二周年

「はやぶさ2」打ち上げから2年が経ちました。おめでとう。「はやぶさ2」トラブルもなく順調に飛行を続けています。

twitterへのコメントをこちらにもコピペ。


※初代「はやぶさ」では最後に頼りになるのはどんな姿勢でも通信ができるLGA(小型アンテナ)でしたが8bpsという、とてつもなく遅い通信速度しか有りません。「はやぶさ2」ではMGA(中型アンテナ)が二軸の可動式になり探査機が姿勢を変更してもアンテナを地球に向けられるようになったので日常的に32kbpsでの通信が可能になりました。日常の通信量が飛躍的増大し探査機の状態をこれまでよりもずっと容易に把握できるようになりました。
ナイアガラの滝のように高画質画像データを轟々と降ろせる低軌道地球観測衛星と違い、日本の惑星探査機の回線はやりたいことに制限がかかるくらいに細いのです。

---

※初号機に比べエンジンの安定性が大幅に向上し、エンジンが計画外に停まってしまうような事は無いとのこと。「はやぶさ2」のイオンエンジンには運転ノルマがあり、必要な期間内に、必要な時間だけ運転して決められた加速量を得られないと小惑星まで届きません。計画外停止の無い順調な運転は、上記の通信速度の向上と共に、運用者の負担を大きく減らしています。
---


※本来ならばエンジンを使わない弾道飛行中、放っておくと探査機は姿勢がズレてしまうので逐次姿勢制御エンジンを噴かして太陽電池パネルを太陽に向け直さねばいけないのです。ところがこのSSモード(ソーラーセイルモード)を使用すると、機体が勝手に太陽の方向に向きつづける様になります。R/W(リアクションホイール)も推進剤も使用量が減らすことが可能となり、小惑星への降下ミッションの日まで探査機をよりベターな状態のまま温存できるようになりました。

SSモードは初代「はやぶさ」で生み出され「IKAROS」で発展させた技術。そして「はやぶさ2」ではこの技術が日常的に使われています。「はやぶさ2」は太陽電池パネルを帆に見立てた宇宙帆船でもあるのです。

     ※参考
    「はやぶさ2 スペシャルインタビュー 若き指揮官が語る小惑星を目指す旅のはじめの一歩 」
http://jpn.nec.com/ad/cosmos/hayabusa2/special/02/page02.html





コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)