2009年06月

2009年06月29日

「かぐや」あれこれ

「かぐや」が月に帰って20日、直前の盛り上がりの割に最後の時は意外にもあっけなく、いまだになんとなく終わりを迎えたような迎えないようなそんな心境です。宇宙ニュース的にはISS日本実験棟の最終組み立て(7月11日)、LNGエンジン燃焼試験(実施中)、七夕の「きずな」E-Mail同時多重伝送実験が連続して続いてるのもあるのでしょうけどちょっと寂しいですね。

というわけで今日は「かぐや」の帰還とこれからのこと。2007年9月に打ち上げられた月周回衛星「かぐや」は一年半の任務を終え、2009年6月11日月面への制御落下によりその一生を終えました。4基あるリアクションホイール(RW)のウチ2基が故障となるトラブルさえなければもうすこし長い観測が出来たはずなのが残念です。個人的にも落下はもう少し後だと予想して作業を進めていたところを落下の前倒しに伴い、締め切りまでが前倒しになってしまったので、RWにはもうちょっと頑張って欲しかったです。

彼女は月の周回軌道を秒速1.6kmというから時速6000km近く(銃弾の5倍くらいか)の速度で飛び、二時間で月を一周します。最期の運用は、最終落下から約1時間前である午前2時40分頃に行われました。月の北極と南極を通る縦の軌道を取る彼女は北極上空で減速噴射。そのまま月の裏側を通り南極付近から表側に回り込み6月11日午前3時25分、目標地域に落下、という流れ。落下地点は目標から数キロ以内というきわめて正確なモノで、今後の月着陸船の降下ミッションに備えた貴重なデータを「かぐや」は残しました。
いつまでもそのからだを高い軌道に残す、というのもロマンだと思いますが、制御の効かない体を月の軌道に貼り付けておくのは他の探査機にとっては害ともなりかねませんし、やはりこういう方法が良いのだと思います。天気が悪かったので国内ではその最後を観測するに至りませんでしたが海外の天文台がその最後の観測に成功しています。大団円ですね。

「かぐや」落下の第一報は残念ながら海外からとなりましたがアメリカの月探査機LCROSSがtwitterの中で

#Sayonara Kaguya! Impact occurred June 10 at 18:25 (GMT), estimated location S65.5 E80.4. Thanks for those awesome datasets of the moon!
8:52 AM Jun 11th web

とお別れを述べていたのが印象深いです。面白い時代になったナー。



最後にご紹介するのは「かぐや」の地形カメラによる制御落下軌道の3D動画。あ、ギャラリーでもラストショットがまとまって掲載されてるのでこちらも(かぐや画像ギャラリーへリンク)。

来月中旬から下旬にかけて秋葉原「かぐや」祭宇宙科学研究所の一般公開が行われます。中の人から生の声を聞く貴重な機会ですのでお近くの方は是非是非お出かけください。
それではノシ



shikishima_ld at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれこれ 

2009年06月27日

へかとん先生のコメント

今回素晴らしいさてらいこ漫画を描いてくださったへかとん先生から
コメントを頂きましたので掲載。

----------------------------------------------------


衛星擬人化本、一般書籍化おめでとうございます!

松浦氏のコメとも被ってしまうのですが三才さんからお話をもらい出版されるまでが長い道のりでしたwイエ、隣で台所事情のあらかたを見ていた身としてはこれだけかかるのも当然と言わざるを得ないのですが。

さてこちらは、というと作画にあたりしきしまさん程衛星に詳しくない身、まず各衛星の資料などをしきしまさんから譲り受け衛星の目的や能力などを頭に入れ脳内変換、このときどうしても必要な専門知識などはしきしまさんに協力してもらい漫画の絵の部分は擬人化するにあたっての「しきしま節」を勉強しながら漫画を描かせていただきました

大変だったんだよ?w

0690627


とはいえ同人の頃からお付き合いしている衛星擬人化なので毎度のことなのですがー(苦笑)。お気に入りはおりひこ、結婚指輪ネタを思いついたときは筆がざくざく進みました♪手間取ったのははやぶさですね、ラストシーンが決まらず四転五転ー

時間はかかりましたが無事に出版できて良かった、

     お疲れ様でしたっー!

追伸
今回使われなかったさてらい娘たちはまた次の機会にお見せできるといいです

ねぇ、ねぇ、しきしまさん?
----------------------------------------------------

以上です。へかとん先生にはまいどアタマが上がりません。それと一つお知らせ。
お待たせしました!現代萌衛星図鑑の第二版が発艦中です。これで近所の本屋にも入るかな?



shikishima_ld at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれこれ 

2009年06月17日

ごめんなさい・おまたせしております

密林さんでは、7月入荷とのことで、大変申し訳ありません。この状況を打開すべく「現代萌衛星図鑑」重版が決まりました!ららら~♪というわけで、今月の、えー、25日あたりには二版が都内書店様に並び始めるのではないか、とのことです。こういうこと言っちゃあれなのかも知れませんが、あるところにはザクザク余ってる感じなので、ちょっと身の回りを見回してみるのもよいかも知れませんよ。連絡終わり。

二ヶ月くらいテレビ断ちをして、さっき知ったのですが「ぎゃらく てぃか」終わってたんですね。ちょっとショック。さて、ネットで見かけた書き込みにちょっとだけコメントを。

Q「なんで国産の衛星だけなんですか?これってやっぱり外部からの(以下略)」
最近のウチの同人誌を見て頂ければわかると思うのですが、ウチは基本的に国産機のみ扱ってます。電車でちょっと出かければ実際の舞台がそこにあり、衛星を運用した本人から話を聞けるチャンスがあるのだから、やっぱりそれを書いて残したいのです。

Q「なんで協力が「かぐや」と「はやぶさ」だけなんですか?これってやっぱり(以下略)」
理由は単純明快でJAXAで現在運用されプロジェクトチームが存在する衛星がこの二機だけだからです。「ひまわり」は現役ですがそもそもJAXAさんちの子ではないので、やはり含まれません。

というわけでなんか誤解を受けそうな部分、コメントさせて頂きました。

最後になんだか凄い動画がうpされているようなので紹介させてください。色んな方が色んな衛星動画を作られますが、この動画はなんていうの?一コマ先の演出が全然想像できない、ああこー来るのか的な演出とかイイ。みんな凄いよ。



shikishima_ld at 05:25|PermalinkComments(7)お知らせ 

2009年06月16日

「一生懸命機械」

某書店様でこういうポップ作ってくれてます、ということで写真を見せて頂きまして、その中で踊っていたのがこの単語です。過酷な環境の中で活躍する究極の「一生懸命機械」いいですねカワイイです。ああ、お忙しい中ちゃんと本を読んで、ポップを作ってくださってるんだな思いました。本当にありがとうございます。

発売日のメロンブックスさまでは、一等地にさてらいこタワーが出来上がってまして、これが全部ちゃんとお嫁に行けるんだろうかと震え上がりましたが、めちゃプッシュしてくださったメロンブックスさまありがとうございました。

書評を拝見していて思ったこと。、電車で読めないよ!というのが結構あって、どこまでみんな読書大好きなんだ、と思いました。でも確かに昔電車通勤をしていたころが一番本を読んでいたかも知れないなあ。表紙で困る、という方には、是非表紙を外すという選択肢も考えて頂きたく。騙されたと思ってカバーをめくってみるのオススメ。締め切り間際の頃、しきしまも電車の中で原稿のチェックとかやってました。恥ずかしかったです。
実はこの企画が始まったとき、本のサイズはA6指定でした。鞄に入れて一緒に島に連れて行ってもらえたらなという構想だったのです。というわけでこの企画が始まったときにA6サイズに対応できるように自分の絵柄も色の塗り方も色々と変えていったのですが、実際書いてみると人工衛星のイラストや解説がA6(開いてA5)に全然収まりきらなくて・・・。

そんな感じで思いつくままに更新。



shikishima_ld at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれこれ 

2009年06月13日

さっそくロゴを飾っちゃう

090613発売から数日がたち、感想のメールなども頂いたりしました。皆様ありがとうございます。

今日はもう一つ良いニュース。「現代萌衛星図鑑」が世界天文年2009日本委員会様の認可を受け、世界天文年2009日本委員会公認書籍となりました。ありがとうございます。これからは世界天文年2009 星空ブックフェア の対象書籍として本屋さんに並びますよ!



shikishima_ld at 02:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お知らせ 
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)