2010年05月

2010年05月24日

「あかつき」・「IKAROS」打ち上げ成功。順調に飛行中。

「はやぶさ」:5月23日の0700時より「はやぶさ」の軌道補正マヌーバ(TCM-2)が始まりました。地球帰還へ向けた五回にわたる噴射の第三回目に当たります。コレが終わると「はやぶさ」は地球から250km上空を通過する軌道に入るのだそうです。今回の噴射は100時間ほど。通常のキックモーターを搭載する探査機であればこうした噴射は30分程度なのですがコレほど長時間にわたる噴射が必要とされるのはトルクのほとんど無いイオンエンジンならではなのでしょうね。

「あかつき」:では本題。金星探査機「あかつき」は平成22年5月21日 6時58分22秒に打ち上げられ、他の衛星達と共に無事軌道に投入されました。関係者の皆様お疲れ様でした。H-2Aも今回で17号機となり、もうすっかり安定した風格を見せつつあります。細かいトラブルもなく天候さえ順調ならば定刻通りに飛ばせてしまうのもH-2以来の努力と経験の蓄積の結果なのだと思います。H-2ロケットが開発された当初、そのメインのお客さんは気象/通信衛星といった静止軌道衛星でした。94年に初号機が打ち上げられて以来、途中でH-2Aに代替わりして16年、合計24機。現在では静止軌道はもとより、惑星間軌道に複数の衛星を異なる軌道に一度に放り込める芸達者に成長したのです。

H-2Aは6号機の事故の教訓から様々な改修プランが提案され、それが14号機あたりから実際に反映され始め現在までの11機連続成功に繋がっています。現在でも部品の枯渇対策から始まり2段目エンジンの更なる低振動化、水没式フェアリングの開発、SRBの国産化などが検討されています。

続きを読む

2010年05月19日

「あかつき」「IKAROS」打上げは21日(金)に再設定

あかつき特設サイト

★6月18日に予定されていた金星探査機「あかつき」の打上げは天候不順のため延期となりました。中止がアナウンスされたのが打上げからわずか400秒前。朝早くから雨の中待機されていた方も多いでしょうに、つらい、つらすぎる。この辺の駆け引きがロケットの追っかけの醍醐味ではあるんですがやりきれないですね~。

打上は中断されH-2Aは再び組み立て棟の中でメンテナンスを受けています。次の打上げは中二日を挟んだ6月21日です。と、いうわけで本日はロケット打上げの話。

ロケットの追っかけ、それはなんとも分の悪いギャンブルでもあります。関東から交通費で往復10万。打上げは平気で1週間伸びるので、休暇を取るだけで一苦労。休暇の獲得、飛行機(キャパ小さい)のチケットの入手、舟の手配、宿の予約、レンタカーの争奪戦。コレに勝ち抜いて、ようやくスタートに立てるのです。しかしかろうじて島に上陸できても次なる難関が待ち構えています。H-2Aロケット、それは28万点の部品と100トン以上の可燃物で構成さえた精密機械。定刻通りに飛んでくれるのかは誰にも分からないからです。すべては気分屋のお姫様と南国の天候次第。マニアの間では「ロケットの打上は一週間遅れても”普通”」と言われます。それは一体何故なのでしょうか。

続きを読む

2010年05月18日

「あかつき」・「IKAROS」本日出帆・・・は延期になりました

ごめんなさい、ようやく一段落付きました。ギリギリではありますが今日は「あかつき」の話。「あかつき」は本日明朝に打上を予定している金星探査機です。5つのカメラで金星の気象を探る「金星版ひまわり」などと呼ばれることもあります。「かぐや」が磁場探査や元素分析、鉱物分析、地表構造探査など、将来の有人を見越した探査を行ったのとは、同じ探査といえど趣が随分と違います。

本日は外見にまつわる小話から。まず探査機の重量はほぼ500kg。「はやぶさ」と同じくM-Ⅴロケットで打上げられる予定だったので全体のボリュームはさほど変わりません。しかし太陽電池が小さく、高利得(HG)アンテナがパラボラから板状のスロットアレイアンテナ(世界初)に変わったこと、イオンエンジンを積んでいないことで、外見に「はやぶさ」の面影はありません。

100518  まず外見の特徴といえるのが頭の上に乗っているHGアンテナです。世界初の超薄型軽量高利得アンテナで重量は支持構造を含めてわずか3kg!送受信用で大小2つに分かれています。「はやぶさ」の様なパラボラアンテナは電波と同様、熱を集めてしまうので熱的に厳しい金星軌道では使うことが出来ず、まるい円盤に2556本の溝を掘ったこの様なアンテナとなりました(軍事分野でよく見かけるフェイズドアレイではありません)。

そしてもう一つ特徴的なのがツインテールのごとく両側面に生えた低利得(LG)アンテナ。大型のHGアンテナが高速(金星域で2kbps)での通信を可能としているのと比べ、LGアンテナの通信速度はそれほど高いモノではありません。ではなぜ両方を搭載するのかと言えば、アンテナの交信出来る範囲が異なるから。HGアンテナは高速で通信は出来ますが、地球にきちっと向けないといけないというデメリットがあります。

続きを読む

2010年05月15日

一番星を目指す「あかつき」

★「はやぶさ」の影にすっかり隠れてしまっていますが、金星探査機「あかつき」が5月18日打上げられます。金星の気象を観測する、いわば「金星ひまわり」とも言える衛星です。あかつき探査機は、「はやぶさ」の直系には当たりませんがそれでも妹になるのかな。技術的にはそれなりに色んなところを引き継いでいるので。開発期間中にISASからJAXAへの組織改編に巻き込まれ、打上げロケットまで変わってしまったという苦労人。搭載されるメッセージの募集に際して、初音ミクを金星へのキャンペーンが一部で行われたことも記憶に新しいです。

【ニコニコ動画】[JAXA][あかつき]金星大気の謎に挑む

わたしもこの「あかつき」キャンペーンに色紙を贈らせて頂いたのですが、その記念品として「あかつき」に搭載されたプレートのレプリカを頂きました。ありがとうございます。

100423  ご存じない方に説明すると、人工衛星はバランスを取るため、全ての機器を搭載したあと「オモリ」を乗せる必要があります。せっかく使える重量をただのオモリで消費するのもつまらないので、ここにみんなで寄せ書きしたら面白かろう、というのがそもそもの始まりです。メッセージはプレート表面に顕微鏡で読めるレベルまで縮小されて印字されます。蛇足ながら、このプレートにあてられる重量は、初めからバランス取りのウエイトに当てられていたモノで、これを搭載することで探査機のペイロードが減少することはありません。

続きを読む

2010年05月13日

コミティア92終了ありがとうございました

■まずは御礼から。現代萌衛星図鑑、5刷りがかかりました!皆様、本当にありがとうございます。なんと御礼を申し上げたらよいのか。Xdayにむけて色んな方が動いていらっしゃいますが、わたしも負けないように仕込みを頑張ります。当日の夜はプラモ抱えて笑顔で迎えたいモノですね。

さて今更ながらで大変恐縮ですが、コミティア92無事終了致しました。お越し頂いた皆様。ありがとうございました。最近「はやぶさ」に興味をもったというフレッシュな方も声をかけてくださって、なんだかんだと色々お話しさせて頂きました。新刊をご用意できず、期待されていた方には大変申し訳なく。8月は「はやぶさ本」出るんですよね!・・・と念を押されてしまったので・・・頑張ります・・・。ドルパも何年かぶりに中を覗くことが出来ました!

COMIC_ZINさまでの同人誌の再版も準備中です。取り扱いが始まりましたらこちらで告知致しますので、こまめにチェックして頂けたら幸いです。

■この「さてらいこ.jp」ももうすぐ一周年。このblogは三才ブックスさんからお預かりしている企画であるので、6月過ぎたらどうなるのかなーと思っていたのですが、とりあえず続けても良いみたいです。6月に入りましたら、色々更新するつもりなのでそれまでもう少しお待ちください。

そうそうツイッターもすっかりメジャーになりましたが、宇宙開発を楽しむアカウントをいくつかご紹介。

--------------------------------------------------

・JAXA
http://twitter.com/JAXA_jp

・はやぶさ
http://twitter.com/Hayabusa_JAXA

・金星探査機「あかつき」
http://twitter.com/Akatsuki_JAXA

・小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」
http://twitter.com/ikaroskun

--------------------------------------------------

中でも、「あかつき」と「イカロス」は来週打上です。新しい衛星が生まれる過程を是非ツイッターで。それではXdayまでよろしくお付き合いください。

5月12日現在の「はやぶさ」の地球からの距離は13,638,830 kmです。



shikishima_ld at 02:38|PermalinkComments(0)お知らせ 
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)