2011年09月

2011年09月30日

「はやぶさ」サウンドノベルアプリ、配信開始

110930-HAYA-icon取り急ぎご案内だけ。現代萌衛星図鑑原作の「はやぶさ」サウンドノベルアプリの配信が始まりました。事前にご案内したi-OS版に加えてアンドロイド版が大幅前倒しでご用意できました。 先着2000名様まで350円の優待価格。サイン本やプラモ、映画チケットなどのプレゼント企画も有りますのでこの機会に是非お願い致します。

http://www.hands-aid.jp/app/hayabusa/#iPhone

twitterのハッシュタグは #hayabusaApp ご意見、ご感想などお待ちしております。

 



shikishima_ld at 18:38|PermalinkComments(2)お知らせ | はやぶさ

2011年09月24日

宇宙環境問題

アメリカの上層大気観測衛星UARSが24日午後地球に落下しました。1991年打上げとのことですから20年振りの帰還ですね。良い機会なので任務を終えた人工衛星達についてちょっとお話しなどしてみようかと思います。

 

・そもそも宇宙ゴミって、何が問題
宇宙ゴミとは人類の宇宙活動によって発生するゴミの事を言います。具体的には死んだ人工衛星や、ロケットの上段、衛星分離の度に飛び散ったボルトやゴミ、燃料の燃えかすetc、etcなどです。これら宇宙ゴミはスペースデブリと呼ばれ その総数は1mm以下のデブリを含めると数兆個にも及びます。そのうち人類がレーダーで捉えカタログ化し追跡を継続しているのはわずか14000個程度に過ぎません(2008年データ)。

この宇宙ゴミの何が問題かというと、秒速8kmという恐ろしいスピードで飛び回っていること。さらにデブリが他のデブリにあたり、更なるデブリを呼びつつあるということにあります。

我々で言うのならば、ぶつかれば船を余裕で沈める危険性のあるゴミが浦賀水道や明石海峡にじゃぶじゃぶと増えて、このままじゃ船で海に出られなくなっちゃうんじゃない?ということ。

秒速8kmというスピードはわかりやすく言えば音速の24~25倍に相当しペンキのカケラ一辺でスペースシャトルのガラスにヒビを入れるほどの破壊力を持ちます。スペースシャトルは92年から05年までの54回のミッションで微少デブリの窓への衝突が1634回、そして92回に及ぶ窓の交換が行われているほどなのです。

今回は駆け足ではございますが、その宇宙ゴミの発生に対してどんな対策が取られつつあるのかなどをつらつらとご紹介。

・LEOとGEO
人工衛星というものは通常、高度数百から800kmくらいの高度を飛ぶ低軌道(LEO)の衛星(「だいち」や「いぶき」などの地球観測衛星や偵察衛星など)と高度36000kmの静止軌道(GEO)を飛ぶ衛星(ひまわりなどの気象衛星など)の二つに分けられます(今回は惑星探査機などは除外します)。

 ・静止軌道衛星の場合
高度36000kmを飛ぶ静止衛星はとても高度が高いので、衛星が死んでしまってもまず地球へは落ちてきません。ならばそのまま放置しても良さそうな気がします。でもこの軌道はとても便利なので役目を終えた衛星は次の衛星が入ってこられるように最後の燃料を使って軌道を離脱、世に言う墓場軌道なるモノに移動してここで最後を迎えます。

こうして衛星が廃棄のために軌道を変更することをデオービット(de-orbit)といいます。

・地球に落ちてくるデブリ達
では今回話題となったUARS衛星や、我らが愛した「だいち」衛星や「いぶき」衛星、大きなモノでは国際宇宙ステーションなどの低軌道衛星はどうなのでしょうか。

地表から数百キロの軌道を飛ぶこれらの衛星、一見すると高いところを飛んでいるように思われがちですが、地球の直径が1万2000kmであることを考えると実は地表から薄皮一枚上を飛んでいるに過ぎません。生きている間はエンジンを噴かして地球に落ちないように調整している衛星達も、死んでしまえば軌道上の極薄い大気の抵抗によって徐々に高度を落としていき、ついには落下します。大抵の部品は大気圏突入の際に燃え尽きますが、エンジンの耐熱部品など一部が地表に落下することがあります。

これはこれで大迷惑ではありますが、地球に落ちなければよい、というわけでもありません。死んだ衛星がいつまでも軌道を回っているとこれは他の衛星の活動を阻害します(いわゆるデブリになります)。なので日本の衛星は運用終了後25年以内に地球に落下することが求められていますし、同様に今回のUARS衛星も運用終了時に大気圏に落ちやすくなるようデオービット作業を行っているのです。また運用を終えた衛星は何かのはずみで爆発して破片をばらまくのを避けるために、体内の推進剤を全て放出したあと運用を停止します。

つまりは、打上げられたときはゴミを出さず、任務を終えたら速やかにデオービットで他の衛星に道を譲り、可能であればチリ一つ残さずに燃え尽きる。これが行儀の良い人工衛星の理想の姿。

そして宇宙デブリとなっているのは衛星だけではありません。ロケットのフェアリング(先端カバー)や上段エンジンも同様にゴミになります。「こうのとり(HTV)」はご存じの通り、運用終了後は南太平洋上のロケット墓場に確実に落下するように運用されています。人工衛星は積極的に大気に落とすことはされていないようですが、ロケットの上段エンジンなどは放っておくとこれも軌道上でデブリ化するので最近は積極的に洋上へ(管理された状態で)落とすようになりつつあるようです。H-2Aの場合でも二段目機体も今後は制御落下されるようになるのでしょうし、フェアリングは海上に落下してぷかぷか浮いて危ないので船で回収しています(これではコストがかかるので将来は「とても軽いけど海に沈むフェアリング」を開発中です)。

※日本ではJMR-003「スペースデブリ発生防止標準」なるものを基準として、衛星やロケットの設計や運用が行われています。

・そしてデブリで傷つく衛星達

環境問題が長年放置された末に現在の状況があるように、スペースデブリ問題も深刻の度を増しています。2007年の中国による風雲一号破壊実験、2008年のアメリカによる制御不能偵察衛星の撃墜処分、2009年のイリジウム33とコスモス2251の衝突事故など記憶に新しいところです。

スペースデブリによる実害が現れ始め、国産の衛星でも対デブリ対策が行われています。例えば観測網を敷設し、接近したら衛星が回避する運用手順の策定する。デブリで撃ち抜かれても即死しないよう電気配線を2線、3線と分岐させる。進行方向前面には重要な配管を置くのをやめる、などです。「きぼう」モジュールと「こうのとり」など、何よりも安全を重要視される宇宙機にかんしてはデブリバンパー(対デブリ装甲)などというものも使われることがあります(ただしこれも数㎝レベルの物体が当たればアウトです)。

現在では宇宙ステーションでの飛行士も常駐していますし、宇宙ホテルなどの計画も立ち上がり宇宙滞在人口は拡大していくものと考えられます。そうなればスペースデブリ問題への取り組みは現在以上に真剣に取り組まなければなりません。とはいえ1kgを打上げるのに100万円かかる現在の宇宙開発では、デブリ除去衛星など夢のまた夢であることは間違いなく、各国のモラルに頼らざる得ないのが実情です。

 

 

 

 

 

 

 

 



2011年09月02日

日本SF大会に参加します

ぎりぎりの告知で申し訳ありません。

今週末、9月3~4日に静岡県コンベンションアーツセンターで行われる、第50回日本SF大会に参加致します。

「東京とびもの学会・宇宙開発展示部inドンブラ」にて二日間詰めております。

出し物は、現代萌衛星図鑑原作の「はやぶさ」ビジュアルノベルのデモ機を持ち込みます。同人誌は既刊を一掴みほど。SF大会は今回初めての参加なので勝手が全く分からないのです。たぶんぽつんと店番してると思うので気軽に声かけてください。天候が大変悪くたどり着けるかどうか不安ですが、折角デモ機も用意したので是非皆様にお目にかけたいと思います。

 

・・・と、ここまで書いてご案内が逆であることに気がつきました。

すでにプレスリリースも出ていますし私もツイッターでつぶやいておりましたが、現代萌衛星図鑑の「はやぶさ」パートを原作としたビジュアルノベルアプリが発売されます。私がオタジャンルから結局抜けなかった原因が葉っぱの会社のビジュアルノベルにありますので、自分の作品がノベル化されるというのは望外な喜びであるのです。意図したタイミングで文字を送り曲を流せるビジュアルノベルというのは現代萌衛星図鑑と大変相性がよいシステムなのです。作品自体はもう殆ど完成していて、私もテストプレイをしましたが・・・萌衛星図鑑の読者さんならきっと喜んで頂けると思います。

開発元である株式会社ハンズエイドさまのリリースはこちら↓

こんなこともあろうかと、
擬人化はやぶさアプリを準備していた!」 
-はやぶさストーリー、iPhone/iPad 用サウンドノベル
アプリとして9 月下旬配信開始。
-

物語前半は萌衛星図鑑の内容が殆どですが、後半(タッチダウン~地球帰還まで)は同人誌版を芯にしつつもごっそり書き直しました。イラストも可能な限り足しました。そしてなによりも、私があんまりワガママ言ったんで、1時間くらいで遊べる作品なのにBGMが26曲もあるのです。ありがたいです。

「はやぶさ」アプリは9月下旬から10月上旬配信開始を予定。現状ではiphone/ipadのみになってしまいますが、皆様ぜひお願いします。

20110831a そうそう、一昨日(8月31日)は札幌出身のアイドル初音ミクさんの誕生日なのだそうで、私もお祝いをこしらえました。4歳の誕生日おめでとう。例によって大きいイラストはピクシブで→

 

 

 



shikishima_ld at 01:38|PermalinkComments(0)お知らせ 
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)