2012年02月

2012年02月18日

「はやぶさ」管制室

金曜日には関東某所へ取材に出かけて参りました。普段であればまず目にすることも出来ず、ましてや撮影など一生叶わないロケーションでの撮影が出来ると言うことで普段と気合いが違います。

20120217A

 




・・・などと書くと誤解を受けそうですが、実はこんなオチな訳で・・・

 

20120217B

 



 

映画で使われた管制室のロケセットが、テレビ朝日のエントランスにそのまま移設されているのです。http://www.tv-asahi.co.jp/hq/atrium/contents/atrium/0258/ 2月20日までということで殆ど間がありませんけど宇宙研の管制室などまず見る機会がありませんので、この機会に是非足を運ばれることをオススメします。

 

以下、「はやぶさ -遙かなる帰還-」についての感想など(ネタバレ注意)

 

昔は映画など殆ど行くこともなかったしきしまですが、よく考えれば近所のショッピングモールの映画館にレイトショーで入ると時間も値段もお手軽と言うことに気づきまして、すこしづつ映画行く機会が増えてきました。今回はもちろん東映さんの「はやぶさ -遙かなる帰還-」。「はやぶさ」映像作品の三作品目にあたりますが、主演「渡辺謙」ということもあって注目度は一番高いみたいです。

「HAYABUSA BACK TI THE EARTH」を含む「はやぶさ」4作品はそれぞれに特色がありまして、「遙かなる帰還」は一番エンターテイメント色が強い映画という印象です。「はやぶさ」運用とその解説に関してはあまり重きを置いておらず、宇宙マニアが目を三角にして観る映画というよりは人間ドラマを中心に楽しむエンターテイメントな映画なのでしょう。それゆえに管制シーンなどもアレンジが色々加わっていて、無駄にカッコイイ「はやぶさ」運用シーンがあったりしてこれはこれで十分に楽しいです。とは言っても、これが2009年に公開されていたならば、この映画も日本最高の宇宙研映画としても十分通じたであろうくらいの宇宙研ガジェットはたっぷり入っています。三映画中で一番オペレータ萌えする作品ですね。

「はやぶさ」4作品を並べると、HBTTE、FOX、東映 松竹の順に、それぞれ綺麗な「はやぶさ」、よく分かる「はやぶさ」、カッコイイ「はやぶさ」、楽しい「はやぶさ」というイメージなのかな?

ドキュメンタリー色が一番薄い「遙かなる帰還」ですが、実は個人的には結構ポイント高い作品だったりします。というのもこの映画だけが「はやぶさ」コンテンツで取り扱って欲しかったテーマを扱っているから。

その辺をとつとつと語り出したらあまりにテキストが増えてしまったので、やっぱり割愛、今度2、3回に分けて語ってみようかなと思います。

ではまた近いうちにノシ



shikishima_ld at 15:49|PermalinkComments(0)はやぶさ 
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)