2012年04月

2012年04月23日

2012 春の筑波宇宙センター

今年も筑波宇宙センターの一般公開に出かけて参りました。肌寒くはありましたが雨も降らずなかなかのイベント日和。天候にも助けられ昨今のJAXAのメディア露出も手伝ってか今年は例年にない人出だったように感じます。「宇宙兄弟」に絡めた小ネタも何点か見かけることが出来ました。

20120422aしきしま的な目当てはなんと言ってもHTVに再回収能力を持たせた「HTV-R」です。長いこと検討されていましたが、ようやく予算が付きプロジェクトが動き始めました。筑波の会場で見かけたのは、解説用のモックと、精巧に作り込まれた模型が一つだけという寂しいもの。ですがこれまで文字通りペーパープランでポスターの中だけの存在であったHTV-Rがようやく現実のものとして動き始めた実感があったのはとても嬉しいものです。

20120422b以前にもお話しした通りHTVは他国の干渉を受けるリスクを最小限に抑えるため、安直に輸入に頼ったりせず出来る限り自国で開発できるものは開発してその技術力と経験の蓄積を計ってきました。もちろんHTV-Rについても更に未来を見越した取り組みがなされています。HTV-Rは人間が乗ることはできませんが、それでもアポロのリエントリカプセルよりも大型の帰還モジュールを採用するなど、将来の有人宇宙船につながる意欲的な取り組みが随所に組み込まれています。調布の調布航空宇宙センターではすでにカプセル検討モデルの風洞実験や着水試験なども始まっているとのこと。

実機を目にするのはまだまだ先の話ですが、将来が楽しみな宇宙機の一つです。

---<参考>-----------------

HTV-R検討資料(pdf)
 ・宇宙ステーション補給機(HTV-R)検討状況 

HTV-R寄付金(有人宇宙船/有人打上げロケット)
   
・JAXA寄附金ホームページ

 



shikishima_ld at 16:05|PermalinkComments(0)HTV | こうのとり
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)