現代萌衛星図鑑

2016年12月05日

「はやぶさ2」二周年

「はやぶさ2」打ち上げから2年が経ちました。おめでとう。「はやぶさ2」トラブルもなく順調に飛行を続けています。

twitterへのコメントをこちらにもコピペ。


※初代「はやぶさ」では最後に頼りになるのはどんな姿勢でも通信ができるLGA(小型アンテナ)でしたが8bpsという、とてつもなく遅い通信速度しか有りません。「はやぶさ2」ではMGA(中型アンテナ)が二軸の可動式になり探査機が姿勢を変更してもアンテナを地球に向けられるようになったので日常的に32kbpsでの通信が可能になりました。日常の通信量が飛躍的増大し探査機の状態をこれまでよりもずっと容易に把握できるようになりました。
ナイアガラの滝のように高画質画像データを轟々と降ろせる低軌道地球観測衛星と違い、日本の惑星探査機の回線はやりたいことに制限がかかるくらいに細いのです。

---

※初号機に比べエンジンの安定性が大幅に向上し、エンジンが計画外に停まってしまうような事は無いとのこと。「はやぶさ2」のイオンエンジンには運転ノルマがあり、必要な期間内に、必要な時間だけ運転して決められた加速量を得られないと小惑星まで届きません。計画外停止の無い順調な運転は、上記の通信速度の向上と共に、運用者の負担を大きく減らしています。
---


※本来ならばエンジンを使わない弾道飛行中、放っておくと探査機は姿勢がズレてしまうので逐次姿勢制御エンジンを噴かして太陽電池パネルを太陽に向け直さねばいけないのです。ところがこのSSモード(ソーラーセイルモード)を使用すると、機体が勝手に太陽の方向に向きつづける様になります。R/W(リアクションホイール)も推進剤も使用量が減らすことが可能となり、小惑星への降下ミッションの日まで探査機をよりベターな状態のまま温存できるようになりました。

SSモードは初代「はやぶさ」で生み出され「IKAROS」で発展させた技術。そして「はやぶさ2」ではこの技術が日常的に使われています。「はやぶさ2」は太陽電池パネルを帆に見立てた宇宙帆船でもあるのです。

     ※参考
    「はやぶさ2 スペシャルインタビュー 若き指揮官が語る小惑星を目指す旅のはじめの一歩 」
http://jpn.nec.com/ad/cosmos/hayabusa2/special/02/page02.html





shikishima_ld at 18:04|PermalinkComments(0)

2014年12月02日

「はやぶさ2」打上げ+萌衛星図鑑2の話

この記事は常時最上段に表示されています。
重要な告知がありますので一個下の記事をご確認ください。

 

長くその成り行くが心配されていた「はやぶさ2」も遂に打ち上げ。
天候はまだまだ予断を許さない部分もありますが、外野としてはただただ見守るだけです。

「はやぶさ2」の打上はいよい明日。

12月3日(水)13時22分04秒

ファン!ファン!JAXA!
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/

H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」
(Hayabusa2)打上げ カウントダウンレポート
http://h2a.mhi.co.jp/mission/countdown/h2a_f26.html

実は「はやぶさ2」は打ち上げのシーケンスが少し特殊で、打ち上げから分離までの時間が1時間47分と大変に長いです。これまで30分弱でロケットから分離されていたのが、「はやぶさ2」の場合は、打上げた後地球を1周して、日本からロケットが見える範囲にまで戻ってきた時に分離、という手順になっています。その為にH-IIA自体も「はやぶさ2」に合わせた特殊仕様になっていて、これも今回の打上げの見所の一つ。

とはいえ皆さんパブリックビューイングの会場で場所取りから「はやぶさ2」分離まで二時間近く座りっぱなしになると思いますので、防寒や時間つぶし対策は忘れずに。

私もどこで見るか全然決めていないので明日の体調次第といったところ。

さて、「はやぶさ2」打上げに連動した萌衛星図鑑関連の告知が何点かあります。

 

【萌衛星図鑑 書店特典】

【書店様向けPOP_「はやぶさ2」打上げ仕様(最新版)】

【書店様向けPOP_HTV仕様】

そしてもう一点。

現代萌衛星図鑑の現地販売があります。見学会場の一つである恵美之江展望公園の「みねやま写真」様の販売ブースにて本を置いて頂けることになりました。書き下ろしではありませんが12月03日購入記念のペーパーが付きます。

以上、連絡終わり。

「はやぶさ2」打ち上げの成功を心よりお祈り申し上げます。



shikishima_ld at 22:07|PermalinkComments(0)

2014年11月18日

現代萌衛星図鑑、第二集都内書店にて取り扱い開始

現代萌衛星図鑑、第二集関連の告知を駆け足で。

落ち着いたら改めてご挨拶をさせて頂きます。都内店舗では一日早く店頭に並んでいるようです。よろしくお願いします。



shikishima_ld at 19:16|PermalinkComments(0)

2014年11月09日

再び、現代萌衛星図鑑。

終わりました、終わりました。

ようやくこのお知らせが出来ること、とてもうれしく思います。

前作から5年。「現代萌衛星図鑑_第二集がご用意できました。

 



20141109前集同様7機の衛星の七つの物語と、ヘカトン先生のフルカラー漫画3本(計21p)を科学ジャーナリスト松浦晋也さん監修の元、お送りいたします。

マンガは5p増し、ページ数は24P増し、そのうえ文字のポイント数を下げてテキスト押し込んでるので、前回と変わりないように見えて大幅ボリューム増。

今回はあれとそれとこの宇宙機をラインナップに加えたことで、人工衛星という存在を、色んな視点から眺められるようになったと思います。第一集と二集セットで読めば、宇宙機一点だけでない、ふんわりとした宇宙機の生態系を感じてもらえるはず。

「現代萌衛星図鑑_第二集」発売は11月19日。前回の経験から行くとamazonの在庫(だけ)はあっさり無くなり、実店舗ではダダ余りみたいな状況になると思います。「はやぶさ2」打上げ前にお手元に置きたいという方はご注意ください。

前回から五年、当時と比べ宇宙機広報が桁違いに充実し宇宙機ファンの方々の知識量がハンパでない今日この頃、どこまで受け入れて頂けるか分かりませんが、お手に取って頂けたらうれしいです。

 

 



shikishima_ld at 12:25|PermalinkComments(0)

2012年01月30日

『宇宙探索のバトンを次世代へ』

110930-HAYA-icon■はい。みなさまご無沙汰しております。昨日29日は「はやぶさ」ノベルアプリver2.0配信を記念しての朗読イベント『宇宙探索のバトンを次世代へ』が開催されました。お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。抽選に漏れてしまった方には大変に申し訳ないです。

20120129cリリースではあまり細かいご案内が出来ませんでしたが、当日みなさまによりよい時間を過ごして頂けるように、裏ではさまざまなドラマがありました。おかげで当日の会場には、その大きさと存在感にびびりまくりながらスタッフさんたちが搬入した「はやぶさ」+イカロス+M-5ロケット(JAXAさまからお借りしました)と、「おかえり、はやぶさ」様からお借りした「はやぶさ」リエントリカプセルの撮影プロップが並び、満を持してみなさまをお迎えすることができました。

 

20120129bいよいよ15時となり開演。ご挨拶のあと、司会のよしきくりんさんによる「はやぶさ」前半パートの朗読。バトンタッチして、後半、エンディングまでを「とある科学の超電磁砲」御坂妹役の声優ささきのぞみさんが情感たっぷりに読み上げます。朗読中に挿入して上映されたM-5の打上げシーンは「おかえり、はやぶさ」さんからご提供頂いた物を贅沢につかわせていただきました。

20120129_AAささきさんによる凜としてそれでいて地に足のついた朗読は大変に素晴らしく、わたくしスタジオでの音源収録時に感極まって結構色々大変だったのですが、そのヤッ、ヤックデカルチャ!な気持ちを、会場のお客様にも十分味わって頂けたのではないかと思います。わずかな期間でしたが、台本の検討にはじまり、読み合わせ、演出意図のすりあわせ、発音のチェック、台本の再修正、収録、さらにパターンを変えて・・・声優さんというのプロの仕事の一端を間近で拝見することが出来、私個人としてもとても幸せな経験をさせて頂いたなあと思います。後でお話しを伺うと「はやぶさ」+「未来館」というキーワードで二つ返事でご快諾頂けたとのこと、ありがとうございます。



20120129e■イベント後半には事前告知の出来なかったゲストさま、JAXAイカロスプロジェクトリーダー森治先生が登場。「はやぶさ」からイカロス、そして将来のトロヤ群探査に向けた宇宙探査の流れを途中途中に笑いを挟みつつご講演頂きました。講演中は引きも切らない質疑応答にお答え頂きましたが、森先生はさらにイベント閉会後もお客さんに捕まりまくりで、1人1人のお客様の質問に精力的にお答えくださりずっと人垣が出来ておりました。

更なるゲストとしてイベントのトリを飾ったのは「おかえり、はやぶさ」といえば外せない着ぐるみ宣伝部長「はやぶさクン」さん。黄色く巨大な衛星バスは会場でも圧倒的な存在感を醸しだし、こちらはずっと記念撮影責めに。ゲストのお二方に負けぬ人気者振りを発揮しておりました。ささきさん、森先生、はやぶさクン、ありがとうございました。

20120129dイベント後にツイッターなどで感想を拝見しましたが、皆さんそれぞれの温度でイベントを楽しんで頂けたようで、関係者一同ホッとしております。最後の記念写真も皆さんにご協力頂き賑やかな楽しい写真が撮れました。おおよそ宇宙イベントとは思えない終始ほがらかな雰囲気で、ああこういう堅苦しくないイベントになって本当によかったなあと、参加頂いたみなさま、ゲスト様、スタッフさん、ひとりひとりに御礼を申し上げたいです。ありがとうございました。

20120129_BB

というわけで、ささきのぞみさんによる全編朗読を実装したサウンドノベルアプリ「はやぶさ」ver2.0(iOS版)、環境をお持ちの方は是非よろしくお願い致します。実はささきさんの素晴らしい朗読の魅力を発揮できるようテキスト部分は細かいところがかなりチューンされております。楽しんで頂けたら幸いです。

■そして最後となりましたが今回のイベントにお力添え頂いた、宇宙航空研究開発機構さま、「おかえり、はやぶさ」さま、株式会社リバネスさま、会場をお貸し頂いた日本科学未来館様、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

 



shikishima_ld at 21:11|PermalinkComments(0)
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)