「はやぶさ」プラモデル

2014年06月15日

「はやぶさ」帰還4周年を振り返る

twitterのブログ埋め込みテストを兼ねて、「はやぶさ」帰還当時の思い出を書き留めておきます。 ※カプセルの中に搭載されているバッテリも保障期間切れでした。 ※当時「はやぶさ」のシューティングスターが観測できるかどうかは、かなりハイリスクな”賭け”だったのです。 ※カプセルは「ヒートシールド(上)」「インスツルメントモジュール(サンプルの入ったコンテナとパラシュート)」「ヒートシールド(下)」の三つに分解する仕組みなのです。

shikishima_ld at 08:01|PermalinkComments(0)

2010年10月12日

10日で作る「はやぶさ」探査機_(番外編)

「はやぶさ」帰還から4ヶ月。なんかもう随分昔のような気がします。帰還二日前までプラモデルにかかりきりになり、車で納品に都内まで走り、帰還当日は宇宙研のプレスルームで一夜を過ごしました。懐かしいです。その時に一個だけ気がかりだったのが、「はやぶさ」プラモの飾り台が未完成だったことでして、その後なんとか完成させてシャッツキステのイベントでは無事にお披露目することが出来ましたがBlog上では結局ご紹介できぬままでした。

■というわけで今日は「はやぶさ」展示台しきしま仕様を番外編としてご紹介しようと思います。

「はやぶさ」キットの展示台は固定式で円弧状のアームの上に「はやぶさ」を置く仕組みです。とにかく最大の欠点はイトカワが小さいためバランスが不安定で倒れやすいこと。またアームが太いので、宇宙機の展示台としては物足りないモノとなっています。そこで考えました。上記2点を改善しつつ、お金をかけずなんとかならないものかと。

101011a というわけで改善案はこの通り。キットの支持棒は廃止し可動式のアームとしました。詳しい人は見れば分かりますが、Figmaの展示ベースからアームを流用しています。アームの上下を逆さまにして、イトカワベースに穴を開けたくらいなので改造らしい改造はしていません。「はやぶさ」を取り付けるリングにテープが巻いてあるのは、ここがゆるいとアームをほじほじしたときに「はやぶさ」が落ちてしまうから。

 

101011b「はやぶさ」を乗せて完成です。ちなみにキット純正ははこんな感じ→()。純正に比べたらぷかぷか宇宙に浮かぶ感じが出て・・・でてるよね。安定性を改善するためにイトカワベースの下に展示ベースを追加しています。昔買ったフィギュアのベースにコルクを貼りました。前回説明しましたが、イトカワの中にはおはじきを詰めて重くしてあります。横の小さなM-Ⅴは携帯ストラップから金具をもぎ取って先端の穴を埋めたモノです。

 

101011c 上から眺めるといい雰囲気に。すこしでも参考になれば幸いです。



shikishima_ld at 00:10|PermalinkComments(2)

2010年06月12日

10日で作る「はやぶさ」探査機_最終回

10日で作る「はやぶさ」探査機、今、万感の思いを込めて遂に完成!

・・・すみません、10日で作る、と書いたんだから作業を10等分しないといけないのに・・・

途中すっ飛ばして・・・出来てしまいました。だって部品少なくて、アンテナと本体作ったらもうほとんど作業終わりなんだもの・・・。

100612-mae  【衛星前面】まず飾り台・・・手を付けられませんでした。ざんねん。オモリを入れたので随分安定したとはいえ、鏡ベースでもつくって固定してしまいたいですね。全体を黄色に塗ったのですが、最後の最後で工程を間違えていたらしく構想が全てがフイに・・・。あとで時間を取ってゆっくりリカバリーしたいと思います。それにしても写真で見ると実物の荒さが消えて、凄く綺麗に見えるなー。

100612-back  【衛星後面】お尻。銀の塗装に失敗したり悔いも残りますが、蛇腹や小物を新造したし、塗り分けも綺麗に出来たと思うので格好良く仕上がったと思います。・・・とおもったら中利得アンテナ塗ってない。あ~。

100612-Z  【お腹】そしてココを見せずにどうする!の衛星下面。苦労しただけあってかっちょええです(当社比)。プラ板でつくったへべれけセンサも写真で見ると苦労が報われているような気がします。でも飾ると見えなくなってしまう・・・。イオンエンジンに電球を仕込む方はそれなりにいると思うのですが、どうせならレーザーレンジファインダに仕込むのも良いと思います。

こうして完成した「はやぶさ」は速攻梱包され某所へ旅立ちました。13日の夜には皆様にどこかでお会いすることになるかも知れません。10ウン年振りのプラモデル大変楽しませて頂きました。次はHTVでお会いしましょう。

--「はやぶさ」ミッション参考リンク

「はやぶさ」liveblog

「はやぶさ」帰還特設サイト



shikishima_ld at 23:44|PermalinkComments(4)

10日で作る「はやぶさ」探査機_第九夜

ごめんなさい。ちょっと時間押してるのでさくっと。とりあえず暫定版と言うことで。

1006112-pdl  【太陽電池パドル裏面】塗装する場合、このキット最大の難所だと思うので比較的手軽に出来る塗装方をかいつまんで解説。1:下地に白を塗る。最終的にコレが表に露出するので塗膜が多少厚い方が良いです。→2:マジックで縁取る。まず0.5ミリくらいのマジックで配線を縁取ります。次に1ミリ、細字・・・といった具合に配線の周囲にミリくらいをマジックで塗りつぶします。→3:マスキング。マジックで塗りつぶした部分をマスキング。とりあえず配線が隠れていればいい、くらいの感覚でざっくざっくとマスキングしてしまいます。もちろん細かくマスキングすればするほど綺麗になりますが、そこは時間と気合いのバランスする範囲で・・・。

マジックは必ず油性を使ってください。マスキングを外して塗り残しをチェックします。万が一黒で配線が埋もれてしまったら、カッターの刃で薄く黒を削って配線を露出させます。逆に白が残ってたらマジックで塗りつぶします。

続きを読む

shikishima_ld at 05:55|PermalinkComments(1)

2010年06月11日

10日で作る「はやぶさ」探査機_第八夜

本日のニュース。

うちのはやぶさたんがこんなに可愛くなりました・・・原型師様のお力にはただひたすら感激です。


このお値段このサイズでヘッドホンキャラですよ!

続きを読む

shikishima_ld at 00:51|PermalinkComments(0)
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)