現代萌衛星図鑑サンプル

2009年06月11日

別れのあとの

Dairy090611月周回衛星「かぐや」は最後となる月面突入ミッションを成功裏に終え、その人生を終えました。残念ながらその最後は厚いカーテンの向こう側でしたが、海外では衝突発光の観測に成功したとのニュースもあります。現時点では日本語ソースが見あたらないので、紹介は見送り。

NHKのニュースではCGを使って突入の様子を説明しておりました。ああ、おしりから突っ込むんですね。よく考えれば「かぐや」はおしり周りにしかスラスタを配置していないので、減速をするとすればおのずとこの姿勢になるんでしょう。頭下げか頭上げかどちらの姿勢かによりますが、太陽電池パドルの展開監視カメラか、子衛星放出監視カメラかのどちらかが結構ギリギリまで月面の様子を捉えているかもしれません(現時点で根拠はないです)。NHKのCGではなんでか子衛星がついたまんまで、なんで今更こんなミスするんだととツッコミながら解説CGをみていたんですが、最後の瞬間がCGで流れたときの感傷は自分にとっても予想外に大きくて、ああそりゃ2年以上も彼女のケツを追っかけていたんだもんなあとしみじみと実感したのでした。

さて、「現代萌衛星図鑑」、いかがでしょうか?書評を拝見する限りでは受け入れられてるのかな、と胸をなで下ろしている今日この頃です。ウチが目指しているスタイルを的確にコメントしてくださる方もいたりして、なんというかやはり嬉しくありがたいです。まだ発売から数日しかたっていないのにあんな文字だらけの本を読破して書評をしたためてくださった皆様にはただただお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

amazonでの入手が難しくなっておりますが、それほどお待たせせず販売が再開されることと思います。ちょっとだけお待ちを。カットは「かぐや」、本文パートから。

※「かぐや」は頭から月面に落下したのだそうです。



shikishima_ld at 22:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月10日

かぐやの章 終幕

Dairy090610


一年半に渡る任務を終え、月周回衛星「かぐや」は今夜月に還ります。現在、月軌道を近月点高度11kmという超低空で飛行している「かぐや」ですが最後の燃料を使ってちょこんと減速おこなって、予定された東経80度、南緯65度 付近への落下を果たします。すでに世界中に通達されているのでうまく観測条件の合う天文台が、地球から彼女を看取ることになるのでしょう。

残念ながら落下時刻付近の天候は雲となりそうです。人知れずに最後を迎えるのもそれはそれでロマンですが、できることなら別れの時間は雲のカーテンをあげたままにしておいて欲しいものです。カットは現代萌衛星図鑑、かぐやパートから。

【「かぐや」プロジェクト公式サイト/SELENE通信】

http://www.kaguya.jaxa.jp/ja/communication/com_information_j.htm



shikishima_ld at 16:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
絵を描いたりします。コミケとコミティアと筑波と相模原が出現ポイントです。 単行本/同人誌のご感想、その他ご連絡に関しては下(↓)のメッセージフォームまでお願いします。
<しきしま宛てメッセージ>

非公開でブログ管理者にメッセージを送れます。返信不要であればメールアドレスは任意です。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • C91のご案内
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • ミネルヴァ解説本の再版について
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 「あかつき」本・書店委託に関するご案内
  • 夏の出し物(確定板)